返事の催促をされている感じがイヤなら、LINEトークで「既読を付けずに内容を確認する機能」がおススメです。

LINEの便利な機能

 

便利な機能

 

一昔前までは携帯電話での連絡手段は電話かメールの二択しか選択肢がありませんでしたが、現在の日本では電話やメールよりも「LINE」と呼ばれるチャットのようなトーク機能を搭載したアプリが連絡手段の主流となりつつあります。

 

LINEには連絡手段としてのトーク機能のほかにも「友だち検索」や「グループトーク」、「他SNSサイトとの連動」などさまざまな機能が搭載されています。

 

基本的には友だちや知人との連絡手段として、または会話を楽しむ為にLINEを利用する人が大半ですが、そのほかにも一般にはあまり知られていない便利な機能がLINEには幾つか存在しています。

 

たとえば、代表的な隠れ機能として「相手から送られたメッセージに既読を付けないで内容を読む方法」が挙げられます。

 

LINEでのトークは基本的に相手と「トークルーム」でチャット形式によって行われます。

 

この際、こちら側から送ったメッセージの内容を相手が読んだ時点でメッセージの横に「既読」という文字が付くので、相手に読まれた事が分かります。

 

逆に相手側から送られてきたメッセージを読むと相手側の画面ではメッセージの横に既読が付くため、こちらで内容を確認した事が相手側に分かるという仕組みになっています。

 

しかし、この既読機能は便利な反面、相手側からの返事を催促されているような気分になるので嫌がる人が多いのも事実です。

 

そんな時は「LINEトークで既読を付けずに内容を確認する方法」がオススメです。

 

やり方としては、まず最初に相手からのメッセージが届いた事を確認したら、そのままトーク画面を開かずに放置しておきます。

 

次にお手持ちのスマートフォンの設定のところへ入り、「機内モード」をオンにしておきます。

 

これで一時的にネットワークの全てが無効となるため、そのままの状態でLINEのトーク画面を開けば、既読を付けずにメッセージの内容を確認することが出来るというわけです。

 

ただし、この方法では機内モードをオフに戻した時点でメッセージに既読が付いてしまうという事だけは覚えておく必要があります。