LINEスタンプの売上は、平均で月間約10億円とも言われており、市場規模の巨大さが伺えます。

LINEの経済効果とは?

 

経済効果

 

今、日本中で話題となっているアプリと言えば「LINE」というワードを真っ先に思い浮かべる人は多いはずです。

 

LINEはリリース当初、単なるメッセージアプリとして登場しましたが、その使い勝手の良さや利便性が注目されたことで急速に成長を遂げる事になりました。

 

LINEのサービス開始後、約1年半で利用者は1億人を超え、現在では全世界のLINE登録ユーザーの数が6億人に迫る勢いとなっています。

 

破竹の勢いで急成長を遂げたLINEは現在、東京証券取引所に上場する方針を明らかにしており、今後もLINEが日本経済に与える影響は拡大していくことが予想されています。

 

また、急激な速度で成長を続けるLINEが日本国内に及ぼす経済効果は非常に大きく、「スタンプ」による他企業との差別化によって今後もその市場規模は拡大していく見通しとなっています。

 

LINEを利用している人であれば誰もが知っている「スタンプ」ですが、最近では一般の人がデザインしたキャラクターをLINE株式会社に申請する事によって、「LINE内での販売」が可能となるサービスもスタートしています。

 

このスタンプ販売サービスは開始直後から大きな話題となり、現在では多くの人が自分独自のキャラクターをLINEのアプリ内で販売しています。

 

このスタンプ事業は他の企業との差別化を図る有効な手段となっているだけでなく、「一般人でも気軽に経済活動が行える場を提供している」という点を見ても、日本国内に与える経済効果は非常に大きいと言えます。

 

ちなみにLINEのアプリケーション自体は無料でダウンロードできますが、魅力的なスタンプの利用についてはそのほとんどが有料となっています。

 

そのため、LINE株式会社の売上のほぼ半分は「スタンプ販売」によって賄われています

 

ちなみにLINEスタンプは月によって変動はありますが、月間売上は平均で約「10億円」とも言われており、その市場規模の巨大さが伺えます。