自分は大丈夫と思っていても、もう一度自分のSNSの使い方を考えてみましょう。

SNSと個人情報

 

SNSとは誰でも簡単に利用でき、世界中の人とつながる事が出来るコミュニケーションツールです。

 

スマートフォンが普及してる現在では、多くの人がLINEやFacebookなど何かしらのSNSを利用しています。

 

気軽に使う事が出来る反面、個人情報が簡単に世界中に漏洩してしまう危険性もあります。
「自分は大丈夫」と思っている人は、もう一度自分のSNSの使い方を考えてみましょう。

 

 

写真から個人情報が漏洩する

例えば、近所で撮影した何気ない写真でも、周りの風景からどのあたりか特定できたりしませんか?

 

また、会社のデスクなどを写真で撮ってSNSにアップする場合、どこかに会社の名前や住所など特定できるものが映りこんでいませんか?

 

「何気ない風景」でも気をつけていなければ簡単に個人情報が漏れてしまう危険性があります。

 

また、写真に取り込まれている位置情報がそのままSNSに登録されてしまう事もあります

 

LINEやInstagramなど、大手のSNSによっては位置情報が自動的に削除されているものもあるので、自分の使用しているSNSは大丈夫なのか、再度確認をしてみてください

 

LINEで顔写真をアップする場合、友達限定だから大丈夫、と思いがちですが、友達の投稿に「いいね」をしたり、コメントを書いたりすると、友達の友達を通じて簡単に写真が見れてしまうことを忘れないようにしましょう

 

たとえ友達限定であっても、世界中にアップしている事を忘れてはいけません。

 

 

もしも何か被害にあってしまったら

警察に相談

もしも何か被害にあったり、危険だと思うような事があれば、まず最寄の警察へ相談しましょう。

 

現在ではたくさんの被害報告が出ている為、警察のほうで何らかの対処をしてもらえます。

 

しかし、一度漏洩してしまった個人情報は間単に削除するのは困難であることを忘れないでおきましょう