既読のタイミングで焦らす方法から隠し文字やスタバのドリンクプレゼントという上級編まで!

異性に使える10のLINEテクニック

リアルでも効果的なLINEを使ったテクニック方法をご紹介します!

 

既読を上手く使う

すぐに返信するときと、少し時間をあけてから既読をつけるときと既読しておいてあえてすぐ送らないときとで使い分けます。

 

会話の内容によって使い分けた方がいいでしょうが、既読がされてないと『相手は何かしていて忙しいのか?一体何をしているのだろう?』と気になりますし、既読されているのに返事がないと『自分は何かしてしまったか?それとも脈なしかな』と気になります。

 

そのような時に返事が来ると急速に恋が芽生えたりします。
ちなみに既読になっていて返信が遅れた時は必ず「ごめん」と謝って下さいね。

 

 

 

 

スタンプの使い方

スタンプを有効に使いましょう。
返事がスタンプばかりでも、少なすぎても相手にはあまりいい印象はありません。

 

スタンプを多用して楽しむ時もあれば会話メインでやりとりしたり言葉とスタンプを上手く使って相手が楽しくなるように工夫しましょう。
また有料のスタンプを多く持っていると、色々な人とLINEで連絡を取っていると思われたりとあまりいい印象ではないと思うので避けた方がいいです。

 

 

 

 

写真・動画を送る

会話

写真をLINEに載せると会話も弾みますし、自分の趣味や好きなものなどをさりげなく相手に伝えることもできます。

 

また食事の写真などから『美味しかったから今度一緒に行こう』などと自然に食事に誘うこともできます。

 

 

 

 

 

返信を早くする

LINEはチャットのようにテンポを早くすることで会話が弾みますので返信は基本早くした方がいいです。まるで会って話してるかのように相手が楽しでいたらきっと、実際に会った時も自然と会話が弾むことでしょう。

 

 

 

 

時間帯を考える

メールとは違ってチャット感覚のLINEでは、相手の生活リズムを考えてメッセージを送らないと会話が続きません。
忙しい時ばかりに送ってしまうとアピールもできず距離を縮めることはできないでしょう。

 

 

 

 

無料通話を使う

メッセージのやりとりで盛り上がり自然と通話できれば、二人は特別な存在へとなっていくはずです。

 

 

 

 

LINEのゲームで親密度を上げる

LINEのゲームではハート一つでゲーム一回できるのですがそのハートは友達同士で贈り合えるので是非気になる人へ贈りましょう。同じゲームをすれば話題もできますし一石二鳥です。

 

 

 

 

メッセージはシンプルが一番

LINEでは一回のメッセージは短い方がチャットのようにテンポよく会話が続きますので、なるべく短くした方が実際に会話をしているかのように楽しめると思います。

 

 

 

 

隠しメッセージを送る

LINEには裏技みたいなものがあってその中に隠しメッセージというものがあります。

 

これはiPhoneでしか使えないのですが、画面を横向きにすると隠れていた言葉が出てくるといったものです。
告白やお誘いなどに隠しメッセージを使うと、特別に気持ちが込もっているように感じますね。

 

 

 

 

LINEを使ってプレゼントしよう

スターバックスのサービスでドリンクギフトをLINEに贈ることができます。

 

しかもメッセージもオンライン上で付けることができるので、これはやるしかありませんね。
女性はプレゼントに弱いのでこのような気の利いた贈り物は効果大です。