「既読」「スタンプ」「グループ」などメール時代には無かった機能も重要な恋愛戦略ツールになりました。

リアル恋愛でもLINEは有効なツール

リアルな恋愛において今の時代、LINEはとても便利でありなくてはならない存在かもしれません。順を追って考えていきましょう。

 

 

まず連絡先の交換が、簡単であること。

IDさえ交換できればメッセージも通話もできるのです。

 

今までは初対面の人などと連絡先を交換する際ためらうこともあったかと思いますがLINEだとIDを交換するだけで電話番号もメールアドレスも教える必要がないので、気軽に教え合うことができます。

 

また飲み会など大勢が集まる場所では、一人一人と連絡先を交換する手間はいりません。

 

LINEのグループ機能を使いグループを作成すると、その場にいた人たちとはグループ内でメッセージができるようになります。そこで気になる人がいた場合はグループ内からアカウントを探して友達登録すれば個人でやりとりできるようになるのです。

 

 

 

 

次は気軽にメッセージが送れること。

 

LINEでは一言やスタンプだけでもやりとりができるので、普通の会話のように深く考えずに言葉のキャッチボールができます。テンポが早いとも言えますね。

 

スタンプ

今までのメールでありがちな短文でも長文でも失礼ではないか、まだやりとりは終わらせたくないけど会話が思いつかないといったことは、LINEでは心配ないのです。
今は様々なスタンプがありますので、細かい気持ちの表現もスタンプだけでも相手に伝わるはずです。

 

そしてあまり相手にとって重たくならないのもスタンプのいいところだと思います。

 

 

 

 

既読機能がある点が恋愛においても大きな役割を果たしていると思います。

 

LINEは相手との会話が順々に表示されており、自分のメッセージが読まれると「既読」と表示されるので相手が読んだか読んでないかすぐに確認できます。

 

既読になっていても返事が遅い時や来ない時は脈なし、既読になってすぐに返事をくれる人はもしかすると自分とのやりとりを楽しんでくれていて脈ありかもしれないなどとわかるので、恋愛に発展するかどうか判断しやすいと思います。

 

 

 

 

そして通話が無料で簡単という点も恋愛においては重要ですね。

 

メッセージしながら気軽に電話に持っていくこともできますし、既読になっていれば電話をかけても相手が出ないかもと心配することもなく、時間を気にせず会話を楽しめます。

 

そして通話が、終わってもスタンプだけでも軽くやりとりできるので相手に負担もなく仲を深めることができると思います。
またLINEには様々なゲームがあり、ゲームからもコミュニケーションがとれます。

 

ゲームには一回やるのにハートが一個いるといった制限があります。
そのハートは友達同士贈り合うことができますので、気になる人に送ることで自分の存在をアピールできますし、会話の始まりとしても使えますね。

 

 

このようにLINEでのやりとりは異性との距離を確実に縮めてくれるでしょう。