いい人も悪い人も存在することを念頭に入れ、SNSでの出会いを楽しむようにしましょう。

SNSの出会いで注意すべきこと

 

SNSの出会いでの注意点を説明する男性

 

現在は色々なSNSがあり、誰でも気軽に簡単にインターネット上で出会う事が出来ます。
しかし、インターネット上で出会い、会うことになった時は、いくつか注意点があります。

 

自分の個人情報を教えない

いくらインターネット上のやり取りで「いい人」だと思っても、実際はどんな人なのかわかりません。

 

「自宅の場所」や「勤務先」など、自分の個人情報につながる事を気軽に教えるのはやめましょうもしもたずねられたときには、ざっくりおおまかに答えを返すようにしましょう。

 

自分の実名を尋ねられても下の名前だけ答えるなどあやふやに返して、本当の名前を教えるのは避けるべきでしょう。

 

 

相手の情報を鵜呑みにしない

例えば「大手の企業で働いている」とは「TV業界人である」などと話されても最初は鵜呑みにせずに聞き流すようにしましょう。

 

相手が「独身」だと言っていても、実は「既婚」だった、年齢が聞いていたものと違っていた、なんてこともよくある話です。

 

始めのうちはきちんと距離をとり、相手を見極めていく事が大事です。

 

 

個室で会うのは避ける

相手がカラオケボックスや自分の家などに誘ってきても、いきなり個室に行くのは避けましょう。周りに人がたくさんいるカフェやレストランなどで会って、駅で別れるようにした方が良いです。相手がどういう手段で何をしてくるかわかりません。
車の車内などの密室も避けるべきです。

 

 

SNS上で出会い、リアルに会うとこになった場合、最低限の自己防衛をする事は必須です。
SNSの出会いは犯罪に巻き込まれてしまうケースも実例としてあります。

 

「いい人」も存在しますが、同時に「悪い人」も存在するのだ、と言うことをきちんと念頭に入れ、SNSでの出会いを楽しむようにしましょう。