InstagramやLINE、FacebookなどのSNSであれば、自動的に位置情報が削除されます。

SNSの危険性

SNSは誰でも簡単に利用でき、世界中の人たちと気軽につながる事のできる便利なツールです。しかしその分、
犯罪などに巻き込まれるケースも起こっています。だからと言って、誰でもインターネットを使うこの時代にSNSは
危険だから利用しない、というのは現実的ではありません。
SNSの利便性と危険性をきちんと自分で把握していれば、誰でも安全にSNSを利用する事ができます。

 

・写真の位置情報を登録しない
スマートフォンやデジタルカメラなどで写真を撮影すると、撮影日時や撮影機種だけでなく、撮影した位置情報も
登録されます。SNSに写真を登録する場合、それらの情報が載っていないものを選ぶか、写真に登録されている
位置情報を消してから使用するようにしましょう。また、InstagramやLINEやFacebookなど大手のSNSであれば、自動的に位置情報が削除される
ものもあるので、自分の使用しているSNSは大丈夫なのか確認をしておきましょう。

 

・写真の内容を確認する
例えばSNSにアップしようとしている写真の後ろの風景で、どこで撮影したものかわかるようになっていませんか?
どこかの住宅が映りこんでいたり、何気ない風景でも、場所を特定される危険が潜んでいます。
また、面白いからと言って、アップしようとしている写真は、世間一般的に見て問題の無い写真なのか、冷静になって
考えて見ましょう。倫理的な認識が欠如している写真は間単に炎上し、場合によってはニュースになったり
逮捕されるようなケースもあります。

 

・顔出し
自分の顔を自分で撮ってSNSにアップすると、簡単に個人が特定されてしまいます。自己責任で自分の顔をアップ
するのは良いのですが、他人や子供など、その人の個人情報につながるようなものを簡単にSNS上にアップするのは
やめましょう。不特定多数の人たちがSNSを見るわけですから、今後どんな危険がその人たちにつきまとってくるかわかりません。